FXシストレ比較ランキング【※人気No.1業者はココだ!】

FXシストレの法人口座の比較

財テクという言葉がバブルのころに流行しましたが、内部留保や余剰資金を眠らせておくだけでなく、お金に働いてもおうとする考え方そのものは、基本的に間違ってはいないと思います。内部留保を積極的に膨らませていこうという態度なので、財テクは全否定される筋の話ではありません。内部留保を保有している企業は何かしらの形で運用をしていると思いますが、その運用にFXシストレは応用できないのでしょうか?

■長期運用が主眼のFXシストレは、内部留保運用に役立つ
FXシストレは、内部留保の運用に役立ちます。通常のトレーディングと違って、FXシストレは短期の利益を追求する投資活動ではありません。効果的な戦略を選び、あるいは策定して、長期的に無理なく資産を増やしていく投資行為です。

まさに内部留保を時間を掛けてじっくりと膨らませていける可能性があるので、会社経営の血液とも言える資金の運用には向いています。

もちろん法人口座は個人の口座と違って、FX取引でレバレッジがかなり掛けられるというメリットもあります。実際、

インヴァスト証券:250倍
FXトレードフィナンシャル:200倍
FXCMジャパン証券:250倍
Forex.com:200倍
セントラル短資:100倍


と言ったように、有名なFXシストレ業者のレバレッジは、法人口座の場合かなり高く設定されています。

しかし、別にわざわざ会社の内部留保をハイリスクハイリターンで回す必要もありません。FXシストレの素晴らしさは、優れたストラテジーを選んで、そのストラテジーを組み合わせ、さらにそのバランスを定期的に見直すだけで、自動的に資金を膨らませる可能性があるという点にあります。いくらレバレッジの規制がないからといって、会社の大切な資金を投機的に突っ込んでいっては危険です。むしろFXシストレのメリットを享受する形で、リスクも少なくじっくりと長期的に運用できるようなストラテジーを組み合わせて資金運用をしてください。

■FXシストレの申し込み方法は簡単
通常の企業が余剰資金を運用する場合であっても、あるいは仲間と新しく作った投資会社で法人口座を作る場合であっても、申し込み方法は簡単です。

・商業登記簿謄本
・法人印鑑証明
・取引担当者の本人確認書類


などをそろえ、申込用紙を郵送で送ると、審査の後で口座の開設が行なわれます。会社が新しすぎたり、資本金が少なすぎたりすると口座開設が認められない場合もありますが、ある程度の規模で活動をしている法人であれば、登録はそれほど難しくありません。

会社の余剰資金をFXシストレで運用すると、運用のために費やしたお金は経費として認めてもらえます。仮に運用で損失が出れば、その損失を7年間にわたり繰越もできます。仮にFXシストレで多少資金が目減りしてしまったとしても、その分税金の節税につながるので、カバーは容易にできます。

レバレッジを適正に掛けながら、じっくりと資産運用に取り組めばかなりの確率で資産は膨らんでいきます。FXシストレに通じている担当者を育てるか外部から雇って、運用を始めてください。

シストレ業者ランキングを見る