FXシストレ比較ランキング【※人気No.1業者はココだ!】

FXシストレの通貨ペア数の比較

FXシストレをこれから始めようと思っている人の中には、通貨ペアの数を気にする人が居ますが、実際は比べる意味があるのでしょうか?

■FXシストレの場合は特に、通貨ペアはあまり意味がない
結論から言いますが、通貨ペアの数はそれほど重要ではありません。FXシストレをこれからスタートしようと思っている人には特に言えます。もちろん通貨ペアは簡単に調べられるので、

・インヴァスト証券/26
・FXCMジャパン証券/39
・セントラル短資/24
・Forex.com/39
・FXトレードフィナンシャル/38

などと簡単に一覧にはできますが、特にこの数字には意味がありません。その理由は簡単で、FXシストレは基本的にメジャー通貨を使ってシステムを組むので、通貨ペアの数そのものは大して意味がないのです。

■メジャーな通貨ペアは、どのFXシストレ業者でも用意している
一般的に、取引量の多いメジャーな通貨ペアは決まっており、

・米ドル
・ユーロ
・円
・英ポンド
・スイスフラン
・カナダドル
・豪ドル
・NZドル

となります。結局は過去のデータを元にしてしか売買戦略(ストラテジー)を策定したり選んだりできないので、自然と情報量の多いメジャー通貨がFXシストレの中心を占めていくのです。

それ以外のマイナーな通貨をどれだけたくさん取り扱っていても、結局は利用しないで終わるケースが多いです。特に初心者にとって、通貨ペアの数そのものの多さはあまり意味がないのです。

■通貨ペアの数ではなく、システム、ストラテジーでFXシストラ業者を選ぶ
通貨ペアが業者選びの決定打にならないとお分かりいただいた上で、何を見てFXシストレ業者を選べばいいのか、お教えします。ずばり、どんなシステムを用意し、どんなストラテジーを用意してくれているのかチェックすればいいのです。

例えば、ミラートレーダーを始めたいと思ったビギナーの投資家にとって、通貨ペアの多さなどほとんど意味がありません。どれだけ優れたストラテジーが用意されており、そのストラテジーをどれだけ自由に選んで組み合わせられるかが重要になるのです。

インヴァスト証券は通貨ペアの多さで言えばそれほどでもありませんが、ストラテジーの数で言えば群を抜いています。ミラートレーダーを開発したトレーデンシー社のストラテジーだけでなく、インヴァスト証券オリジナルのストラテジーまで選択が可能なのです。

通貨ペアの多い少ないはほとんど意味がないので、ストラテジーの多さや、システムの使いやすさなどを基準にFXシストレ業者を選んでください。

シストレ業者ランキングを見る