FXシストレ比較ランキング【※人気No.1業者はココだ!】

fxシストレのレバレッジはどれくらいが最適?

FXのレバレッジ(Leverage)とは少ない資金で、より大きい金額を動かすことです。レバレッジとはもともと英語で「ても」という意味です。たとえばレバレッジが10倍の場合は、証拠金が100万円でも1000万円のFX取引を行うことができます。このレバレッジはてこの原理と考えると、分かり易いかもしれません。てこを使うと小さな力でも、重たいものを持ち上げることができますよ。

それと同じでFX取引でもレバレッジを使うことで、10倍のレバレッジでも大きな金額の投資ができます。とても魅力的なレバレッジですが、それだけにリスクも当然あります。10倍のレバレッジの場合は自分が注文した通貨が10%マイナスになっただけで、証拠金がゼロになります。利益も10倍になる代わりに、リスクも10倍になるハイリスク・ハイリターンの取引手法です。

実は日本国内では金融庁の指導によるレバレッジ規制法で2010年8月からはレバレッジは最大50倍になり、2011年8月からは最大で25倍になりました。このレバレッジ規制の背景にはFX顧客の保護・FX業者のリスク管理・投資家の過当投機の防止といった観点から、金融庁が導入を決めたものです。それまでは個人投資家でも、200〜400倍のレバレッジが存在していました。

この金融庁のレバレッジ規制法の導入には賛否両論があり、なかにはこれまでのように少ない証拠金で大きな投資ができなくなったと嘆く声も聞かれます。どうしても高いレバレッジでFX取引を行いたい場合には、方法としてはふたつ考えられます。ひとつは法人口座には、このレバレッジ規制法での制限がありません。そのため今でも法人口座は200〜400倍のレバレッジでFX取引が行えます。

もうひとつは海外のFX業者で口座を開設するかです。海外のFX業者には、日本のようなレバレッジを規制する法律はありません。そのためどうしても高いレバレッジでFX取引を行いたい方は、法人口座を作るか海外のFX業者で口座を開設するかしかありません。ただレバレッジは最初から高いレバレッジで取引をするのではなく、最初はなるべく低いレバレッジから始めることをお勧めします。

その際もロスカットと呼ばれる損切りや、損失確定のストップ注文などの設定を行うことも忘れないことです。今は国内のFX業者ではどこでもレバレッジは最大25倍です。そのためレバレッジでFX業者を選ぶことはできません。FX業者を選ぶのであればやはり、信頼できるしっかりした業者を選ぶことが大事です。下記のFXシストレ比較ランキング【※人気No.1業者はココだ!】にランキングされている業者であれば、安心して口座を開くことができます。

シストレ業者ランキングを見る