FXシストレ比較ランキング【※人気No.1業者はココだ!】

ミラートレーダー<FXCMジャパン証券>の検証

FXCMジャパン証券はアメリカのFXCMと業務提携し、2001年6月に設立されました。2008年9月に、システムトレード「FX system selector」サービスを開始しました。2012年5月末現在で総口座数も218,479口座で、月間取引高も2,626,683.5(1万通貨単位)です。FX業者の判断材料のひとつである自己資本規制比率は、2012年3月末現在で300.3%です。

FXCMジャパン証券のミラートレーダーとは世界中のストラテジーを選ぶだけで、システムトレードが始められる選択型FX自動ツールです。世界中のストラテジー開発者によって生み出される、リアルタイムのシグナルに基づいたトレードが可能です。これまで好評だったシストレステーションに、さらに新機能が追加され新たなミラートレーダーとして生まれ変わりました。

新たなミラートレーダーの特徴は1 つのプラットフォームで、フルオートマチック・セミオート・裁量トレードの3 種類のトレードができることです。フルオートマチックは、システムの検索・システムを選択・ポートフォリオに追加の3つのステップでシステムトレードを行えます。裁量トレードは通貨ペアの売り、または買いをクリックするとポジションを立てることができます。

ここで注目すべきは、FXCMジャパン証券のミラートレーダーのセミオート機能です。ミラートレーダーは世界中から選び抜かれた300以上のストラテジーが無料で使えますが、FX初心者にとっては最適なストラテジーを選ぶのは簡単なことではありません。そこで開発されたのがミラートレーダーに搭載された全てのシステムから発信される売買シグナルを、リアルタイムに表示して自分の判断で売買シグナルに乗るかどうかを選べます

ひとつのストラテジーの売買シグナルが表示される時間は30秒で、その間に何人のトレーダーがその売買シグナルに乗ったかがリアルタイムに表示されます。さらに各シグナルのストラテジーの成績がグラフに表示されるので、ストラテジーの良い悪いを判断することができます。いわゆる勝ち馬に乗れるわけです。FXを始めたばかりのFX初心者にとっては、どのストラテジーが良いかを判断することは容易ではありません。

FXCMジャパン証券のミラートレーダー口座は5,000 通貨単位からで、取引可能通貨ペアは39通貨で取引手数料は無料です。初回最低証拠金は20万円からですが、システムの性質上100万円以上を推奨されています。決済ポジションの指定は可能ですがロスカットは余剰金額がゼロ以下になった時点で、保有する全てのポジションが強制的に決済されます。

スワップ・ポイントはポジションを翌日にロールオーバーした時に付与され、その時点で持ってい るポジションに対してスワップ・ポイントが加減されます。システム取引で建てたポジションに関しては、ポジションタブでストップやリミットのオーダーを置くことが可能ですが、その後システムプロバイダーよりトレードシグナルが送られてきた場合には、システムプロバイダーからのトレードシグナルが優先されます。

下記のFXシストレ比較ランキング【※人気No.1業者はココだ!】のFXCMジャパン証券のサイトにはミラートレーダーののことがもっと詳しく紹介されています。

シストレ業者ランキングを見る