FXシストレ比較ランキング【※人気No.1業者はココだ!】

FXシストレのサーバー比較

FXを毎日、自分の裁量でトレードしている方にとって、FX業者のサーバーの強さは死活問題です。1秒を争って取引しているので、重要な指標が発表されて相場が一気に動いたりするとき、サーバーがダウンしてしまえば大損をしてしまう、あるいは大もうけのチャンスを逃してしまう可能性があるのです。

もちろんFXで自動売買をしている人にとっては、裁量トレードを行なっている人ほどサーバーの屈強さは問題になりません。ですがサーバーは強い方がもちろんいいので、今回はFXシストレを提供してくれている人気業者の中でも、サーバーが強靭(きょうじん)な会社をピックアップします。

■インヴァスト証券のサーバーは、独自システム導入後、屈強になった
FXシストレで大人気のインヴァスト証券は、独自の運営システムを導入後、サーバーが1回もダウンしていないという偉業を達成しています。インヴァスト証券のFXシストレはサーバー上で稼動しているので、サーバーがダウンすれば全てがストップします。その重役を担うため、インヴァスト証券は非常に屈強なサーバーを用意してくれています。

■Forex.comのサーバーも強い
一部の投資家から、安定性がナンバーワンではないかと言われているほど、サーバーの強いForex.comです。別にミラートレーダーだけではないですが、各種のシストレツールはウェブ上、サーバー上で管理されているので、サーバーがダウンすればアウトです。インヴァスト証券と同じく、稼動し続ける強靭なシステムを維持するために、強いサーバーを用意してくれています。ちなみに、Forex.comが利用者に行なったアンケートでも、8割以上の利用者がサーバーの強さ、安定度に満足していると答えています。

■FXトレードフィナンシャルも悪くない
FXトレードフィナンシャルの用意しているサーバーも、悪くはありません。指標の発表時など、相場が動くときにはサーバーダウンを経験していますが、基本的には快適な操作性、スピード感が評価されています。FXトレードフィナンシャルのオートFXはもちろんですが、MT4も仮想サーバーを用意してくれているので、PCの電源を切っても取引は続きます。

■そこそこ安定しているセントラル短資
歴史のあるセントラル短資ですが、サーバーの安定度はそこそこです。重要な指標が発表されるタイミングでなくてもまれにサーバーがダウンすると報告されていますが、基本的には安定していると言えます。

■FXCMジャパン証券のサーバーは普通
最近は改善がされていますが、FXCMジャパン証券のサーバーは、たびたびダウンしてきました。MT4やミラートレーダーを使って自動取引している人からすればそれほど気になる弱さではないですが、デイトレーダーのように1秒を争う投資家からは、厳しい評価を受けています。

以上が人気FXシストレ業者のサーバー比較です。どこも基本的には優れたサーバーを用意してくれていますし、シストレを行なっている個人投資家からすれば、ダウンに気付かない可能性の方が高いです。それでもやはりサーバーは強い方がいいので、参考にしてみてください。

シストレ業者ランキングを見る