FXシストレ比較ランキング【※人気No.1業者はココだ!】

FXシストレのスプレッド比較

FXをするトレーダーにとってスプレッドは狭い方がいいです。スプレッドはコストだからです。ただし、シストレをする個人投資家にとってはスプレッドの差以上に、売買戦略(ストラテジー)の数など、長期運用に適したシステムの差が重要になってきます。

シストレを使って資産を運用する投資家は、1日に何度も売買を繰り返し利益を確定させていくデイトレーダーと多少雰囲気が違います。長期的にお金を託して資産を増やそうとするFXシストレ愛用者には、スプレッドの狭さ以上に、どれだけ長期的に利益を出せるシステムを利用できるかが鍵になるのです。

そこでこのページでは、スプレッドの狭さと長期的な資産運用を実現できるシステム、その両方に優れたFXシストレ業者を紹介します。

■まずはFXシストレ業者の中で、スプレッドの狭い業者から
まずはスプレッドの狭いFXシストレ業者を考えますが、ミラートレーダーの場合、スプレッドを公表していない業者もあります。そこで実際に各社のミラートレーダーを開き、同時刻にどれだけの値段が付いていたかを比較しました。具体的な数値は常に変動するので記載はしませんが、結果として、

Frex.comのスプレッドが、各通貨ペアにおいて最も狭い数値を提示してくれていた時間が多かったです。また、 インヴァスト証券のスプレッドも、通貨ペアによってはForex.comを超える狭さを提示していた時間がありました。次点では、 セントラル短資が、狭いスプレッドを示していました。

■ミラートレーダーの売買戦略(ストラテジー)を豊富に用意してくれている業者
次に、ストラテジーの問題を考えます。既に基礎的な知識があるという前提に立って記述していますが、ミラートレーダーはどんな売買戦略(ストラテジー)を採用するかで、長期的な運用結果が決まってくると言っても過言ではありません。いいストラテジーに巡り合うためには、できるだけ選択肢が豊富な方がいいのです。

その点を考えるとやはり、インヴァスト証券が一歩抜きに出ている印象があります。ストラテジーの数が圧倒的に多いですし、(トレーデンシー社以外の)オリジナルストラテジーも豊富にそろっています。次点を挙げれば、Forex.comになります。こちらの業者も最近ではトレーデンシー社以外のオリジナルストラテジーが増えてきたので、お勧めです。

■つまり、どこのFXシストレ業者がいいの?
スプレッドの優れているFXシストレ業者は、
・Forex.com
・インヴァスト証券
・セントラル短資


でした。一方、売買戦略(ストラテジー)の豊富さで言えば、 インヴァスト証券が抜きに出ており、その次にはForex.comが続いていました。

スプレッドの狭さをとにかく重視する投資家はForex.comを選び、それなりのスプレッドの狭さを望みつつ、やはりストラテジーの豊富さを重視したいFXシストレ投資家は、インヴァスト証券を選ぶといいです。

シストレ業者ランキングを見る